風俗基礎知識

風俗業界でよく使う言葉をまとめておきました。
お仕事中や、お仕事を始める前にわからない言葉などがあったらまずはここをチェックしてみてくださいね♪

あ行

愛液(アイエキ) 女性が性器に刺激を受けたり、性的に興奮した際などに膣壁から分泌される無色透明の液体。マン汁などの俗称で呼ばれる場合もある。
アウト お客様が、待ちきれずに帰ってしまうこと。出張型のお店では、渋滞や遅刻などが引き金に。
アリバイ会社(アリバイガイシャ) 風俗店で働いている事を家族や知人にバレないようにするため、実在する会社のスタッフとして働いているように見せかける為の法人・会社の事。
イベント 集客目的のほかに、女の子もお客様も楽しめるよう工夫をこらしたお店主催の行事のこと。お客様向けの割引や、延長サービスが多い。
裏引き・裏っぴき(ウラヒキ・ウラッピキ) お店以外でお客様にサービスをしてお金をもらうこと。お店を通さないため、トラブルになることも。
永久指名(エイキュウシメイ) 最初に指名された女の子が、永久にそのお客様の指名扱いになるシステムのこと。高級クラブなどでみられるシステム。
お茶ひき(オチャヒキ) 廓で、客を取れない遊女が一晩中お茶を挽いて暇を潰していたことが起源。まる一日お客様が付かないこと。これが今もそのまま使われている。
オープンラスト お店の営業開始から営業終了までのこと。

▲TOPへ

か行

回春(カイシュン) 若返ること、病気が治ること、春が巡って新年になること。風俗業界では、衰えた男性機能を回復させる意味で使う。
回春マッサージ(カイシュンマッサージ) 衰えた男性機能を回復させるマッサージのこと。股間周辺のツボやリンパを刺激するマッサージを行なう。また、回春という言葉を「抜き」という意味合いとして扱っている風俗店も少なくない。(この場合はなんらかの形で射精をさせる。)
顔出し(カオダシ) 雑誌やサイトなどの広告に顔を出すこと。お客様を増やすのに効果的な手段であり、マスコミ手当等で収入アップにつながる。しかし、彼バレ、親バレのリスクや、常連客を多く抱える女の子の場合は初見客に時間を割かれるあまり常連客を離してしまう場合もあるので、慎重に判断するべき。
かけもち歓迎(カケモチカンゲイ) 他の仕事をしながらお店で同時に働くことを歓迎してくれること。プロダクションや同じ地域など同業の掛け持ちは禁止しているお店もある。
完全パック制(カンゼンパックセイ) お客様が最初に支払う料金にプレイ料金、飲み物、サービス料が全て含まれていること。
グループ店(グループテン) 単体のお店の経営ではなく、フランチャイズ展開や、ひとつの会社が複数のお店を経営している事。
源氏名(ゲンジナ) 江戸時代、遊廓の遊女たちが『源氏物語』から名前を取っていたことが起源。水商売や風俗で働く女の子が、お店に出るために本名とは別に付けた名前のこと。
講習(コウシュウ) 風俗店に初めて勤める女の子に対して先輩の風俗嬢やスタッフがサービスの指導をする事。最近ではマニュアルを読むだけ、DVDを見るだけの講習も多い。
転がし(コロガシ) お客様から予約が入っている女の子が当日お休みをしてしまい、別の女の子がそのお客様の接客すること。

▲TOPへ

さ行

雑費(ザッピ) コンパニオンが店に払うタオル、コンドーム、冷蔵庫内のドリンク代などの経費のこと。入店前に雑費の支払いがあるかどうかお店に確認すると良い。
指名(シメイ) 本指名と写真指名がある。本指名はお客様が一度ついた女の子や、雑誌やネットなどを見てあらかじめ決めた女の子を指名すりこと。写真指名は、フリーで来たお客様がお店のアルバムや写真で女の子を選ぶこと。基本料金に指名料をのせる場合、指名料は全額バックとなることが多い。
出張ヘルス(シュッチョウヘルス) デリバリーヘルス(デリヘル)のこと。女の子がお客様の自宅やホテルなどに出張してサービスをするお仕事。
出張面接(シュッチョウメンセツ) 女性の希望の場所にお店のスタッフが出張しておこなう面接の事。
小○枚(ショウ○マイ) 小は千円札のこと。小5枚であれば5,000円。
生休(セイキュウ) 生理休暇。1週間くらいの休みを取ることができる。体だけでなく心もストレスを感じやすい仕事なので、生理休暇を利用して月に一回はゆっくり休める。どうしても仕事をしたい場合は「海綿」を使うのがオススメ。
送迎(ソウゲイ) 終電がなくなったコンパニオンなどの自宅からお店まで車で送迎する事。デリバリー店で事務所からお客様のところまで送迎するシステム。

▲TOPへ

た行

体験入店(タイケンニュウテン)/体入(タイニュウ) 面接のあと、女の子が、お店の雰囲気やシステムを知るために体験的に働くこと。お店によって設けている期間が違うので面接の時に確認しよう。お給料はその日に全額支給される。
大○枚(ダイ○マイ) 大は一万円札のこと。大5.5枚であれば55,000円。
ダブル(W) 「延長」とも言う。正規のプレイ時間の2倍の時間をお客様が希望すること。当然、料金も2倍となる。ダブルの客は、お店や女の子からとても歓迎される。
チェンジ お客様が派遣された女の子を気に入らず別の女の子に替えること。店によっては禁止されていたり、料金が発生する場合がある。
出禁(デキン) 出入り禁止の略。

▲TOPへ

な行

生(ナマ) コンドームをつけないこと。「生フェラ」など。恋人気分を味わいたいお客様には好まれる。
抜く(ヌク) 男性がマスターベーションなどで射精すること。
ノルマ 出勤日数や出勤時間、本指名等を最低月にこれだけはやらないといけないという決まりの事。入店前にノルマがあるかどうか確認すると良い。

▲TOPへ

は行

バック お客様が支払う金額のうち、女の子の収入になる部分のこと。
風営法(フウエイホウ) 「風俗業務等の規制および業務の適正化に関する法律」を言う。風俗業を営む者が公安委員会に営業の届出を行い許可を得る法律。
フードル 風俗業界のアイドル。マスコミOK、明るくチャーミングな人なら誰にでもチャンスが。売れっ子になれば、写真集発売やCDデビューもある。
フリー客(フリーキャク) 指名のない(指名する女の子を決めていない)お客様のこと。
坊主(ボウズ) 客が1人もつかないこと。本指名がない日のことで、「昨日は坊主だった」などと言う。「お茶ひき」とほぼ同義語。
ホテルヘルス(ホテヘル) 無店舗型風俗店の業種の一つ。店舗内にはプレイルームはなく、店舗受付近隣のレンタルルームやラブホテルを利用してプレイする。デリヘルとは異なり、自宅などへの出張は行っていないので店舗の受付まで足を運ぶ必要がある。

▲TOPへ

ま行

無店舗型(ムテンポガタ) お店以外でサービスを行なうデリバリーヘルス(デリヘル)やホテルヘルス(ホテヘル)のこと。無店舗型性風俗特殊営業の略。

▲TOPへ

ら行

リピート 本指名とほぼ同意。お客様が繰り返し来てくれること。「リピ」とも言う。
路上待ち合わせ(ロジョウマチアワセ) お客様と路上で待ち合わせをすること。その後、一緒にホテルなどの宿泊施設に入りプレイをする。デリヘル(デリバリーヘルス)や、ホテヘル(ホテルヘルス)などに多いシステム。

▲TOPへ

わ行

若妻(ワカヅマ) 18〜20代前半の主婦のこと。それ以上の主婦は「人妻」と言う。若妻(人妻)店といっても結婚している必要はない。

▲TOPへ

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

あ行

愛撫(アイブ) 愛情を示す上で、手や口などの接触による意思表現をさす。相手に対する愛情(好意・友好・慈しみなど)を示す行為を指す場合もあれば、性交に関連して性感を与えたり得たりといった行為も愛撫と表現される。
AF(アナルファック) 肛門にペニスを挿入すること。とくにウィルス感染リスクの高いプレイなので、コンドーム着用は必須。
イラマチオ 男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中に男性が自らのペニスを入れて、相手の頭部を手で持って前後させることによりペニスを相手の口に出し入れする行為。

▲TOPへ

か行

顔射(ガンシャ) 男性が相手の顔に向けて射精すること。「顔面射精」「顔面発射」の略。
ごっくん(ゴックン) お客様の精子を飲むサービスのこと。基本サービスではなくオプションとしてあるお店がほとんど。素股同様、ウイルス感染の可能性もあるので気をつけよう。

さ行

3P(サンピー) 3人で行なう性行為のこと。3人プレイからきた俗称。一般的には男女混合の3人で行なうことを指す。英語ではスリーサムなどという呼び方がある。
69(シックスナイン) 女性が男性器を、男性が女性器を舐めあう前戯の俗称。基本サービスに入れている風俗店も多い。6と9の丸い部分を頭に見立てて「69」という。
素股(スマタ) 女の子の太ももや股間にペニスを挟み、刺激すること。ローションを使い滑らせる。疑似本番。フェラチオに並びオーソドックスな射精方法。
全身リップ(ゼンシンリップ) お客様の全身を舐めるサービスのこと。
即尺(ソクシャク) シャワーやお風呂に入らずにフェラチオすること。もともとはソープランドのサービスだが最近ではオプションとしてとりいれている風俗店もある。

▲TOPへ

は行

パウダーマッサージ パウダーマッサージとは、性感エステなどの風俗店で施されるベビーパウダーなどを使用したマッサージのこと。指の腹を利用して、軽く触れるか触れないかのタッチで全身、特に乳首などの性感帯をマッサージする。
フェラチオ ペニスを舐めること。女の子のテクニックのバロメーター。
本番(ホンバン) ペニスを膣に挿入すること。性交。セックス。デリバリーヘルスでは禁止されている。

▲TOPへ

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

か行

海綿(カイメン) 風俗嬢が生理中にプレイする際に、膣の中に海綿を入れて出血を食い止める為に使用する。
グリンス 泡の立つ消毒剤のこと。主に体の消毒に使われる。

▲TOPへ

さ行

スケベ椅子(スケベイス) 主にヘルスで使われる凹型の風呂用椅子のこと。男性のペニスから肛門をいっぺんに洗うことのできるスグレもの。最近はラブホテルでもよく見かけることが多い。

▲TOPへ

た行

電マ(デンマ) 家庭用マッサージ用として売られている単純振動式の電動マッサージ機(電気あんま)を性具として利用する場合の俗称。狭い範囲で通用する俗語である。そのまま「電気あんま」「電気マッサージ器」と呼ばれることもあるほか、アダルトビデオ業界には「お父さんバイブ」という業界用語もある。

▲TOPへ

は行

バイブ(バイブレーター) 振動により快感を得られる性具のこと。女性の膣に挿入できるようになっており、性器や性感帯をその振動や動きで刺激し性的快楽を得ることができる。主にディルド型とカプセル型に分かれる。バイブレーターは俗に「電動こけし」と呼ばれるが、最初の製品は「ニューハニーペット」と言い、マッサージ器として昭和30年代半ばに発売されている。

▲TOPへ

ま行

マット 海水浴でよく見かけるゴムボートのようなもの。空気を入れて使用する。ローションを使ってマットプレイを行なう。主にソープランドで使用するが、最近はマットプレイも行なうヘルス店もある。

▲TOPへ

ら行

ローター バイブの一種でクリトリスなどを刺激するための、モーターで振動する大人のおもちゃ(アダルトグッズ)。若い女性向けにピンク色にした製品が多いため、ピンクローターと呼ぶことが多い。

▲TOPへ

わ行

ワセリン 石油から作られる軟膏(なんこう)基剤で、また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤として用いられる。

▲TOPへ